2016年7月の読書メーター
読んだ本の数:24冊
読んだページ数:4733ページ
ナイス数:230ナイス

日本男児日本男児感想
サッカー小学生読書感想文対策で再読。やっぱりイチオシにアツくて面白い!サッカーに興味なかった私も一発でファンになった。雑草から努力だけでインテルでキャプテンマーク巻くまでにのし上がるって…アメリカンドリームもビックリ 子供に読ませるにはもってこい。
読了日:7月31日 著者:長友佑都
鈍足バンザイ!  僕は足が遅かったからこそ、今がある。鈍足バンザイ! 僕は足が遅かったからこそ、今がある。感想
小学生の子供がサッカー始めたのをを機にサッカーを観だしたにわかファンの私でも知ってる現役日本代表、岡崎の自伝。まず驚くのは腰の低さ。裏に飛び出したら世界一 現役日本代表最多得点王者なのに、「鈍足」「不器用」 高卒後入団した清水エスパルスでも「8番目のストライカー」。下手で練習中も先輩にどやされれていたというから驚。2番目に驚くのは人柄。蹴落とし合うプロの中にあって「まともに人とケンカしたことがない」。こ、これでトッププロになれるってΣ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ!読んでプレーだけでなく人柄に惚。W杯も頑張れ!
読了日:7月30日 著者:岡崎慎司
7つの習慣ティーンズ【リニューアル版】7つの習慣ティーンズ【リニューアル版】感想
人を動かすのティーン版以前読んですごく良かったので、こちらも読んでみたがうーん(*_*) 私の頭が悪いからなんだろうけど、多くの人が「人生変わった」って言ってる衝撃は、この本読んでも得られず(´-∀-`;)。変えられるのは自分だけ、主体性が大事 Missionステートメントは持つべき、とか、すべてその通りだと思うし、子どもにもそうあってほしいけど、なんというか、肚に落ちてこない。まあ、本が悪いんじゃなくて自分の問題なんだと思うけどね
読了日:7月27日 著者:ショーン・コヴィー
中村俊輔―世界をかける背番号10―ファンタジスタ (スポーツ・ノンフィクション)中村俊輔―世界をかける背番号10―ファンタジスタ (スポーツ・ノンフィクション)感想
小学生我が子達夏休み読書感想文対策で親も読(笑)サッカー大好きなので、知ってる現役選手の伝記ばかりまとめて借り来るも、正直大人から見るとどれもぼやけてて面白み感じられない本ばかりだったのだが、ライターさんの力量なのか、シュンスケというコンテンツの素晴らしさなのか?この本は大人が読んでも退屈する本ではなかった。思うに、挫折とその立ち直りプロセス描写が丁寧だからかなあ。あとは、ノートをつけるとか凡人にも再現性高い方法を紹介してくれてるし。夏休み、サッカー選手伝記読まれるなら、この本がおすすめです♪
読了日:7月26日 著者:矢内由美子
吉田麻也 (オリンピックのアスリートたち)吉田麻也 (オリンピックのアスリートたち)感想
サッカー大好きなわが子達の夏休み読書感想文対策で親も読(爆)。ひょうきんなイメージ先行する吉田選手って実は中学校から親元離れ、高校からは名古屋グランパスの寮でプロ選手と生活するエリートだったのか!I(当たり前、日本代表だよ笑)など素朴な驚きはあるが、オトナから見たらなんだかぼやけててつまんな~。高校の勉強頑張ったから、今も海外で英語に苦労してないとか、ウソでしょとか突っ込むなど(´-∀-`;) 大人が読んでも面白い本でないと、子どもの食指も動かないんじゃと長男にはイチオシ長友「日本男児」読ませようと決意。
読了日:7月26日 著者:
心をつなぐボール (スポーツが教えてくれたこと)心をつなぐボール (スポーツが教えてくれたこと)感想
小学生我が子夏休み読書感想文のため読(笑)。へー!澤選手と同じサッカーチーム出身なんだ!へー!強豪とはいえ都立高校出身なんだ!へー!中学校で一度サッカー辞めてるのにプロになってるんだ!など、テレビで見てたサッカー選手を多少身近には感じるも、正直大人には読み応え少…って手厳しいでしょうか(´-∀-`;)
読了日:7月26日 著者:中村憲剛
婦人之友 2015年 05 月号婦人之友 2015年 05 月号感想
図書館で借りてみるが、かぞくのじかんは読みやすいけど、こっちはやっぱり硬派な記事が多くて、意外と読むところないんだよな自分(*_*)
読了日:7月26日 著者:
モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術感想
ミニマリスト本にハマっているのでこちらも読♪さすがは文具のディレクターされているだけあり、魅力的文具たくさん紹介されていて、ミニマリスト本読んでるのにあれこれほしくなるなど(爆)。お財布に手帳用ボールペン挿しておく案、いいなあ♪
読了日:7月26日 著者:土橋正
きょうは会社休みます。 10 (マーガレットコミックス)きょうは会社休みます。 10 (マーガレットコミックス)
読了日:7月23日 著者:藤村真理
きょうは会社休みます。 9 (マーガレットコミックス)きょうは会社休みます。 9 (マーガレットコミックス)
読了日:7月23日 著者:藤村真理
きょうは会社休みます。 8 (マーガレットコミックス)きょうは会社休みます。 8 (マーガレットコミックス)感想
10巻が出てたので、再度レンタル(笑)。最初から読みたいなあ。
読了日:7月23日 著者:藤村真理
コウノドリ(7) (モーニング KC)コウノドリ(7) (モーニング KC)感想
NICU編。NICUある病院で働いたことなく、エヌって呼ぶことは知りませんでしたが(´-∀-`;) 自分自身双子出産でお世話になる手前だったので、興味深く一気読み。救命の現場で働いている人たち、激務は分かってるけどほんとにかっこいい。尊敬です
読了日:7月18日 著者:鈴ノ木ユウ
正しい家計管理正しい家計管理感想
帯の「どんぶり勘定は低収入より、恐ろしい」ドキッとさせられる。企業の一番の使命は存続することだが、家庭は会社よりその使命が大きい。会社は倒産すればジエンドだが、家庭はそうはいかない。とっても取り組みやすいとはいえないが、具体的。決して付け焼刃ではない家計の管理は、とっても裕福な家でない限り 子どもを育てるMissionある家庭では必須。一読価値あり
読了日:7月18日 著者:林總
まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書)まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書)感想
今この著者の本にどハマリ中♪東京に曰く、最初は地方都市に引っ越し→田舎の市街地→さらに田舎と進めるのが正解と。見切りをつけ、高知の限界集落で暮らしている著者の田舎暮らし指南本。経験踏まえていて読んでてワクワク♪私自身は田舎の閉鎖的な人間関係辟易するけど、コミュニティを選べば大丈夫と著書。読みながら私も田舎暮らししたくてうずうずした(笑)。現在も郊外と田舎の境目に居住。漠然ともっと都会に出るべきという潜在意識があったけど、目指すべき方向は逆だったとわかった(笑)パラダイム変換!おすすめです
読了日:7月18日 著者:イケダハヤト
マンガでわかる!統合失調症マンガでわかる!統合失調症感想
母を当事者にもつという著者の実体験沢山は入っているマンガ形式の入門書。新卒だった20年前は、鬱とか言い出せなかった世の中が変革したように、これからは双極Ⅱ 統合失調も誰でも罹患しうる病気として認知されていくと期待
読了日:7月18日 著者:中村ユキ,当事者のみなさん,福田正人
コウノドリ(2) (モーニング KC)コウノドリ(2) (モーニング KC)感想
職業柄、社会的背景に問題ある妊産婦さんの話より高リスク分娩の話の方が好きなので、1巻よりこっちの方が好み。
読了日:7月18日 著者:鈴ノ木ユウ
これから、どう生きるのか 〜人生に大切な9つのこと〜これから、どう生きるのか 〜人生に大切な9つのこと〜
読了日:7月18日 著者:本田健
コンパクト台所術 道具もスペースも最小限。料理と片づけがラクになるコンパクト台所術 道具もスペースも最小限。料理と片づけがラクになる感想
去年読んでたこと忘れて図書館で見かけ借(笑)。この著者は大好きで、ムック本も所有していて、提唱しているシンプルライフも好きだったが、今ミニマリストの本にハマり本を読みこんでるので、もはや全然シンプルに見えない…(笑)なんなら、鍋とか食器、家族多いけど我が家の方が少ないし(´-∀-`;) どうやら卒業の時が来た模様。ありがとうございました 
読了日:7月10日 著者:金子由紀子
年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)感想
ミニマリストつながりで読んでみる。既に高知に移住しているという著者がまだ東京にいる時代に書いている本で、著者自身、今はすでにミニマリストを”卒業”しているというが、さすがαブロガー、エッジが効いてて、よく勉強していて、確固たる持論を持ち未来を読んでいて、ホリエモンみたいな印象受けた。この本を出した後にお子さん生まれ、この子ども達が大学行くころには、進学にもお金がかからなくなってるだろっていうけど、少なくとも小学生なうちの子供たちの大学受験には間に合わなさそう(´-∀-`;) 他の本も読んでみたい!
読了日:7月9日 著者:イケダハヤト
コウノドリ(1) (モーニング KC)コウノドリ(1) (モーニング KC)感想
NHKプロフェッショナルでモデルとなった医師が取り上げられていて、興味持って読んでいた。数年前まで地域基幹病院でまさに飛び込み出産(一度も受診しないまま救急車で陣痛かけつける妊婦)受け入れるような勤務してたのでシンクロ・・・。
読了日:7月9日 著者:鈴ノ木ユウ
スーパー主婦・足立洋子さんの主菜・副菜・ベース菜活用BOOK (レタスクラブMOOK)スーパー主婦・足立洋子さんの主菜・副菜・ベース菜活用BOOK (レタスクラブMOOK)感想
今はまっている料理本著者だけど、この本は薄くてちょっと満足度低いので、お買取りは見送り。図書館に返却して終了します
読了日:7月9日 著者:足立洋子
ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -感想
なんといってもこの本の真骨頂は口絵。図書館本で口絵写真の美しさに魅了され、思わずAmazonお取り寄せして再読。家をダウンサイジングするって発想、結婚して家族は増える一方だったから私にはまったくなかったけど、憧れるなー。すでにマイホーム取得済なのだが、想定外に(笑)子供二人の予定が双子出産で3人なり、小さい子供部屋に今後どうするか思案していたので、ダウンサイジングで太刀打ちできる可能性見出し光明(笑
読了日:7月7日 著者:佐々木典士
「甘え上手」な子育て論 (VERY BOOKS)「甘え上手」な子育て論 (VERY BOOKS)感想
図書館で偶然見かけ、双子ママという部分にシンパシー受け読。長男が母が好きなビールを喜ばせようとして買おうとしてくれた、双子をおんぶ抱っこして鍋から離れて揚げ物…とかぶっちゃけトークもあり 多分雑誌を読んでいたりして、彼女への親近感がもともとあったら好意的に感じるんだろうけど…私にはそれがなかったせいか、そのあと結局繋がっている安心感があると書いているご主人と離婚されていると聞いているせいなのか…ごめんなさい、現役母なのに共感はできませんでした(´-∀-`;)まあステキでいるのがお仕事のモデルさんですものね
読了日:7月2日 著者:堂珍敦子
天才天才感想
正直この当時の政治にも角栄という人にもほとんど知識なく、著者のノンフィクション読んだのも初めてだったが…面白かった!小学校卒の総理大臣というのはさすがに知っていたが、六法全書を丸暗記できる頭脳と商売で培った抜群の商才で、越後のみならず日本全体を押し上げたまさに天才だったんだなと理解。米国に嫌われ陥れられたというロッキード事件は、時代の寵児から一転、刑務所暮らししたホリエモンと重なって見えた。活字も大きくて手軽に読めます(笑)オススメです☆
読了日:7月2日 著者:石原慎太郎

読書メーター