2013年7月の読書メーター
読んだ本の数:22冊
読んだページ数:2855ページ
ナイス数:86ナイス

ひとりぐらしも9年めひとりぐらしも9年め感想
ひとり暮らし日々読んでみたら結構良かったのでこの本もお取り寄せ☆30代となり一人暮らしも早9年目に突入した著者の等身大一人暮らしコミックエッセイ。6畳ワンルームから2Kに引越し、念願のソファを揃え、通販で購入した板で棚を日曜大工し…!私自身は結婚して早13年目だが、もし結婚していなかったら自分今頃こんな生活していたのかな…という気分で読めて楽しかった。さかのぼっちゃうけど5年目も読んでみようかなあ
読了日:7月30日 著者:たかぎ なおこ
ひとり暮らしな日々。ひとり暮らしな日々。感想
マラソン1.2年生著者が上京以来続ける一人暮らしライフについてのコミックエッセイ。著者とは同年代。かつ自分自身学生時代、6畳一間、ガスコンロはカセットコンロ、夏はバルサン炊いてダニ退治という(笑)オンボロ寮生活から始まり結婚まで途切れながらも一人暮らし経験。著者と重なり、人の経験なのに懐かしい気持ちになる。一人を愉しむのが一人暮らしだなと実感☆
読了日:7月30日 著者:たかぎ なおこ
はじめてだったころはじめてだったころ感想
マラソン1.2年生など読んだら、著者別本も読みたくなり取り寄せてみた。著者とは1学年違いの同年代。マクドナルド390円(サンキューセット)あったなー!とか、ゴレンジャーのショーとか来てた来てた!回転寿司、寿司が回るっていう説明意味わかんなかった!!!…とかツボが一緒なのでハマった(笑)。ちなみにマックのサンキューセットに対抗して、ロッテリアが380(サンパチトリオ)っていうのを出してきた記述もあるとなおヨカッタ…ってまったくの余談ですが(;^ω^) アラフォー同年代ならあるあると膝を打ってくれ
読了日:7月27日 著者:たかぎ なおこ
まんぷくローカルマラソン旅まんぷくローカルマラソン旅感想
「マラソン4年生」となった著者が、旅としてご当地マラソン大会を愉しむ実話コミックエッセイ。マラソン大会で何万人も人が集まるということは、宿も高騰し、取りずなるわ、駅も周辺も混むわで出不精の私には再現性低いが(;^ω^) 旅runという考え方は魅力的♪川の中を走る、夜走る…。全国にはいろいろなマラソン大会あるんだなと読んでいて面白かった。全国に出かけていく著者、フットワーク軽くて尊敬!大阪では4時間17分でフル完走。スンゲェ──―Σ(゚∀゚ノ)ノ─―─ッ! 私も頑張ろう。
読了日:7月27日 著者:たかぎなおこ
地震の時の料理ワザ―グラッと来てもあわてない!防災袋に必携!!電気が復旧するまでの1週間地震の時の料理ワザ―グラッと来てもあわてない!防災袋に必携!!電気が復旧するまでの1週間感想
東日本大震災前の本。阪神淡路大震災経験した料理研究家著
読了日:7月26日 著者:坂本 廣子
アッというまにさかあがりができたよ わが子の苦手な運動を一発で解消する魔法ワザ 親子でチャレンジ! 絵とき本
読了日:7月18日 著者:下山 真二
なぜ「粗食」が体にいいのか―「食生活」ここだけは変えなさい! (知的生きかた文庫)感想
著者の「粗食のすすめ」シリーズのファンで、この本影響で始めたぬか漬けはもう7年目。だしの素をやめ、醤油にはちょっとこだわる。具だくさんのみそ汁とご飯があればおかずはいらない。食育が流行中だが、要するにそんなに難しく考えなくていいんだなと思える。ダイエットしたい人、小さいお子さんがいるお母さん、病気で食事療法したい人ー。文庫なので、気軽に読んでみるといいと思う。
読了日:7月18日 著者:帯津 良一,幕内 秀夫
からすのそばやさん (かこさとしおはなしのほん)感想
子どもの頃読んだからすのパン屋さんの続編?!と知り、どうしても読みたくて子どもに保育園借りてもらう…が、ごめんなさい、あまりに内容が飛躍しすぎて、 商売そんなに甘くないんだよって楽しめませんでした…すっかり子どもの心を失っちゃってるな自分(´-∀-`;)
読了日:7月17日 著者:かこ さとし
からすのてんぷらやさん (かこさとしおはなしのほん)感想
子どもの頃読んだからすのパン屋さん40年ぶり続編。火事で被災したてんぷらやさんを再建する話。著者が戦災、震災で被災した人と出会ってきた経験から書かれ、社会は色々な人が助け合ってなりたっているということを表現したくて書いた本なのだと。ほんとにそうだな☆子ども達にもこの視点育てていってほしい。
読了日:7月17日 著者:かこ さとし
料理本編集者マリエのラクラクラクチンッ!おうちごはん料理本編集者マリエのラクラクラクチンッ!おうちごはん感想
著者の味付け冷凍おかずがよかったので、こちらも借りてみた。同じく主に一人暮らし用若者向け本だが、じゃがいもやレンコンはソテーしておく、青菜はゆでておく、ラーメンやレトルトカレー、惣菜もアレンジして食べる、缶詰は下ごしらえカット素材として使う…。子ども小さく忙しい主婦やWMにも十分応用可能!この本からスピンオフした前述の肉や魚の味付け冷凍術ももちろんあるし、1冊持つならむしろオススメはこちらかなという感じ。
読了日:7月17日 著者:園田 マリエ
歯ブラシの法則歯ブラシの法則感想
著者は片づけ関係の人ではなく、英国のシンガーソングライター。どんなに片づけ下手な人でも、毎日使うハブラシはなくさない。無意識にでも洗面台そばに歯磨き粉、コップとともに置くはず。その要領で、ほかの物だって片づけていけるようになる!という本。面白そう♪と図書館でみかけて、もう一つ別の片づけ本と借りてみたが、こちらはテンション上がらず読んで終了。ライフスタイル異なる国の人が書いているから仕方ないのか、やや抽象的で再現性欠けたのがその原因と思われ。
読了日:7月17日 著者:シーラ・チャンドラ
元「片づけられない女」の幸せの引き寄せ方 片づけ道感想
片づけスタイリストとの肩書きだが元「片づけられない女」。小学校では毎日忘れ物なくしものして、机の奥からはカチカチなったパンが出てくるような異色の経歴(´-∀-`;) ブログ拝見すると37㎡の1DKに3人で暮らし、自宅セミナー開催!。勉強できる人は分からない人が理解できずに教え下手だけど、この人のセミナーならわかってもらえそう。読んでテンション上がる本とそうでない本あるのだが、この本読んだらスイッチ入り、クローゼット漁りレジ袋3つ分処分!ブログも購読開始しました。オススメ
読了日:7月17日 著者:吉川 永里子
12歳までにかならず教えたいお金のこと―お金に振り回されない大人になる!12歳までにかならず教えたいお金のこと―お金に振り回されない大人になる!感想
長男小学2年になるが、いまだ小遣いはあげてない。習い事一人でいかせるためにキッズケータイはあって、習い事の時のみ持たせていて、本人も特に執着ナシ。小遣いについて考え出したのであきのり♀さん推薦で読んでみる。「うちってお金持ち?」など子供からの素朴だけど返答に困る質問Q&Aなどもあり、お小遣いに悩む母には一読価値あり。
読了日:7月14日 著者:たけや きみこ
切に生きる切に生きる感想
「とにかく器量よく生まれついた女は、子どものころから甘やかされてちやほや育つから、人間が練れてなくて、面白みのない女になっちまう。ああ、いい女だねえって、人に思わせるのが、ほんとの美人っていうもんだよ」。
読了日:7月14日 著者:瀬戸内 寂聴
超一流の人の「健康」の極意 (一般書)感想
スーパー外科医は、何事にも手を抜かない。たとえば遊びに行くでも、場所も時間もきっちり調べ上げる・・・。自分が凡人たる理由がわかった(´-∀-`;) たぶんこれやったら破たんします、自分
読了日:7月13日 著者:小林 弘幸
キッザニア マル得口コミ情報!東京&甲子園徹底攻略ガイド感想
キッザニアってどんなところなの(゜_。)?むっちゃ混んでるっていうけどどんなん??とおもっているところにこんな本見つけたので貸出。うーーーん…機会があったらいってみたいです
読了日:7月13日 著者:キッザニア探検倶楽部
いけいけ!ボランティアナース―在宅ケアの新しい形いけいけ!ボランティアナース―在宅ケアの新しい形感想
介護保険導入前、休み無く家族を介護する人が休める=レスパイトケア目指して看護師のボランティア団体立ち上げたナースの奮闘記。一番驚いたのは著者経験年数。病院は卒後一年で結婚退職し、十年ブランク後保健所などでパート経験のみとのこと。毎年新卒と接するが、一年で辞めたらほぼ経験無いに等しいだろというのが実感。凄い…ボランティア内でのクーデター、介護保険導入後立ち上げた事業所での執拗な保健所指導や乗っ取り、場当たりに変わっていく法律、利益の出ない体制にもめげず、待っている利用者目線での看護とバイタリティに感銘
読了日:7月7日 著者:菅原 由美
季節別年齢別おはなし会プログラム―厳選プログラム116本収録季節別年齢別おはなし会プログラム―厳選プログラム116本収録感想
役員になり、活性化が命題となって読(´-∀-`;)。確かにただ読み聞かせするより、一緒に手遊びしたりして「参加型」取り入れたほうが子どもたちはタイのしいだろうな。勉強ちうです☆
読了日:7月6日 著者:「この本読んで!」編集部
仏の心で鬼になれ。:「上司道」を極める20の言葉仏の心で鬼になれ。:「上司道」を極める20の言葉感想
この本はオススメ!ビッグツリーなど多くの著者あり、私も大好きな佐々木常夫さんの東レ先輩である著者が、出資先の借金1000億ある破綻直前の老舗会社の再建を依頼され就任1年で0にする!過程を描く中で、社長とは、上司とはどうあるべきかをを描いた実話。さすが佐々木さんの先輩にして、佐々木さんご自身に出版を勧められたというだけのことはある。人生塞翁が馬。この、相当すごい快進撃できたのは、過去何度も国内外に左遷され、そのたびにそこで這い上がってきた経験が生きたいるという姿に、駄目WMの私も力らった。一読価値アリ!
読了日:7月6日 著者:田中健一
ポリ袋に入れるだけ! ソッコー味つけ冷凍おかず感想
買ってきた肉や魚をジップロック袋に入れて味をつけて冷凍しておくと、仕事で疲れて帰ってきても速攻で食事の支度が済むという料理編集者本。ターゲットはあくまで一人暮らしシングルだが、ワーキングマザーにも十分応用可能。遅くなっても、すでに味つけしてあって焼いたりするだけで15分でご飯作れるなら、お惣菜買いによるのと同じ手間で手作りごはん出せるのは助かる☆夕ご飯献立に悩む主婦も一読価値あり。
読了日:7月6日 著者:園田 マリエ
わかりやすく話す力 (1コインキンドル文庫第3巻)感想
情報密度に気を付ける、全体像から入る、メモやビジュアルエイドを活用せよ、ターゲットを絞れ。正直、本を書く話は私には再現性相当低かったが、これは今日から役立つ感じ。普段話すときから心がけると、大勢の人の前で話すときの訓練になる。今日からやってみよう!これはおすすめ
読了日:7月6日 著者:勝間和代
あなたも本を書いてみよう (1コインキンドル文庫第6巻)感想
本は出す予定ないが(笑)ブログ書いたりするのに参考なる話あるかなと読んだが、あくまで「面白いコンテンツがあれば、著者になるのはそんなに荒唐無稽な話ではない」という内容の話で、内容の書き方についての言及はナシ。勝手に期待していた内容とは違った
読了日:7月6日 著者:勝間和代

読書メーター