2013年12月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:2622ページ
ナイス数:113ナイス

ツレはパパ3年生ツレはパパ3年生感想
フツーにシアワセ育児エッセイ✨大変な時もあったけどよかった
読了日:12月28日 著者:細川貂々
常識以前でございますが―おばあちゃんの家事ノート (知恵の森文庫 b ま)感想
婦人の友にはまり、これも読んで見た。おばあちゃんの知恵本エッセイといったところか。
読了日:12月28日 著者:町田貞子
タイムデザイン (2545新書)感想
あれ?前に読んでたこと忘れてまた読んじゃった・・・(;^ω^)ダメじゃん自分(笑)
読了日:12月28日 著者:泉正人
ゆる家事のコツ―めんどうくさがりやのあなたが気持ちよく暮らすゆる家事のコツ―めんどうくさがりやのあなたが気持ちよく暮らす感想
目下はまっているスーパー主婦関連本から図書館リクエスト☆表紙のはたき、なんと自宅で選定した観葉植物で手作りしたのだそう!雰囲気があってめっちゃ素敵。さすがはスタイリスト著作。役に立つ情報を読む本というよりは、写真をみて味わう雑誌的な本。表紙のかご、家族毎に持ち手をデニムなどでカバーして区別するのだそう。素敵♥・・・だけど、役立つ情報をゲットしたいという人にはすすめません。もう一つ一緒に借りた、夜だけ家事よりはずっとよかったです
読了日:12月26日 著者:大沢早苗
がんばらなくても素敵に暮らせる「夜だけ家事」で快適シンプル生活がんばらなくても素敵に暮らせる「夜だけ家事」で快適シンプル生活感想
概念はすごい理想的‼︎と即取り寄せリクエストするが…写真に惹かれて買った雑誌特集、一般論、表面だけでちっとも役に立たなかった時みたいな印象。本のテーマである夜に家事集約することで新たなTips見つけられなかった(*_*) オススメしません
読了日:12月25日 著者:河野真希
ぶり返す! 「怒り」「さびしさ」「悲しみ」は捨てられる! ~知られざる「おとなの愛情飢餓」への心理セラピー~感想
カウンセラー著作の本。すごくよかった!大人になるまでに、心に傷を負わない人なんていないけど、時にその心の傷に後々まで苦しめられることもある。その傷は自分でも癒せますよという本。カウンセラー自身の失敗談、心の傷も描いていて共感できた。心にささった過去の傷に苦しめられている人はぜひ読んでみるといいと思う。オススメです。
読了日:12月23日 著者:古宮昇
婦人之友 2014年 01月号 [雑誌]感想
友の会に興味シンシンなので買ってみた…。が、友の会入会したら、たぶん毎月通年購読しないといけないんだろうな٩(இ ⌓ இ๑)۶  図書館で読めば十分だな、私の場合。
読了日:12月21日 著者:
NHKあさイチ 暮らしの「スゴ技」200 (宝島SUGOI文庫)感想
この番組プロディーサーの本読んで、一生縁がないと思っていた婦人之友&友の会の活動に開眼(笑)したので、この本も借りてみる。あくまで生活のTIPS集といった感じ。
読了日:12月19日 著者:NHKあさイチ制作班
婦人之友 2013年 11月号 [雑誌]感想
ただいま羽仁もと子案家計簿について勉強ちう。年末家計簿特集ねらって図書館リクエスト☆来年からつけるべく、ただいま講習会で頂いた練習帳でリハーサル記帳中。早く慣れたいな
読了日:12月19日 著者:
ママはキャバ嬢!(1) (デザートコミックス)感想
kindle無料だったので読んでみた。アイフォンでマンガはちょっときつかった(´-∀-`;)
読了日:12月17日 著者:森尾理奈
トヨタの片づけトヨタの片づけ感想
企業が行う余計なコストカットして業績をあげるための片づけ本。片づけ徹底しすることで、死蔵在庫や余計な動線カイゼンされ、経費が減り収益が増えるという具体例満載。最近、婦人之友読者の友の会スーパー主婦についての本読んだが、使用頻度で片付け場所決めるなど、類似点多数なこともびっくり。さすが100年以上の歴史持つスーパー主婦軍団。姿置きっていいんだろうけど難しいなと思っていたけど、置くべき場所に置くべきもの輪郭を描き、その中に字で置くべきものを書く簡易姿置きならできそう。ぜひ取り入れたい!
読了日:12月17日 著者:OJTソリューションズ
かぞくのじかん 2012年 09月号 [雑誌]感想
羽仁もと子案家計簿勉強中なので、家計特集は助かった。家計簿つけてると、年間セッケンいくつ使っているのかまで後から振り返れるのはすごいけど・・こんなにできんのか自分(゜_。)?という気にも。にんじんとレーズンのドレッシング和えは、簡単シンプルなのに子供たちに好評だった。
読了日:12月14日 著者:
自分を愛する力 (講談社現代新書)
読了日:12月13日 著者:乙武洋匡
オレンジページ 2013年 12月 17日号感想
シュウマイ皮のラザニアはすぐに真似してやってみる事決定!そして気軽にホームパーティのコツ=開始時間アバウトでも終了時間きっちり、かわいい紙皿ナプキン紙コップ活用、参加者は飲み物・料理・デザート各一品持ち寄るポットラック式、掃除は座った目線のみ…はすごくテンション上がった
読了日:12月13日 著者:オレンジページ
かぞくのじかん 2012年 06月号 [雑誌]感想
ハマってバックナンバー買い集めちう。山崎美津江さんのオープンハウス、私もぜひ伺ってみたいーー!あとは、靴箱、玄関整理、私もやりたくなった。
読了日:12月10日 著者:
かぞくのじかん 2012年 03月号 [雑誌]感想
スーパー主婦本にハマり、バックナンバー買いあさった1つ(笑)。大ファンな山崎美津江さんが掃除指導に行ってる特集があったのがうれしい。連載も大好き。以前母に作ってもらったまま放置していた鍋帽子、再活用してみること決意
読了日:12月8日 著者:
昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力感想
なんと!います90代の女性は下着のなかった時代、トイレで、月経の経血を出せていたのだそうな。びっくり。確かに子どもがトイレトレーニングするように、女性もトレーニングしたら月経トイレトレーニングできるのかしらん?昔のぞうきんがけ、和式トイレ生活で自然に鍛えられていた筋肉が現代は衰えているので、まずはそこから鍛え直しだな、多分
読了日:12月8日 著者:三砂ちづる
好評の「電子レンジで作る」レシピを集めました。 (ORANGE PAGE BOOKS 創刊25周年記念BESTムック v)感想
これ350円はお買い得
読了日:12月8日 著者:
いそがしいあなたのホームフリージングいそがしいあなたのホームフリージング感想
婦人の友関係読むのがブームでこれもお取り寄せしてみたが。うーん、これは今の私にはヒットせず。
読了日:12月8日 著者:婦人之友社編集部
難民高校生----絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル難民高校生----絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル感想
難民-といっても、他国からの方たちではなく、渋谷で漂流する居場所のない若者だった著者が自分たちを形容して言っている言葉。図書館で知らずに借りたので、最初(゜_。)?となったが。月25日は渋谷でたむろし、中学から通っていた私立高校2年生で中退という「ダメな子」だった著者が予備校の農園ゼミきっかけに立ち直り、大学通いながらシリア難民や東日本大震災被災者、さらには「難民高校生」たちの支援に奔走できるまでになる軌跡描く。ある意味モデルケース。すごいけど…このポテンシャルがある子ってどれくらいいるんだろう。
読了日:12月5日 著者:仁藤夢乃
かぞくのじかん 2013年 12月号 [雑誌]感想
スーパー主婦本にはまっているため、もちろん購入(笑)ダメ主婦なくせに家事家計講習会出て家計簿付け出しちゃった私。この雑誌読んで、主婦日記にも着手したくなった。で、できんのか自分(゜_。)?
読了日:12月4日 著者:

読書メーター