2014年1月の読書メーター
読んだ本の数:23冊
読んだページ数:4348ページ
ナイス数:231ナイス

れんげ荘れんげ荘感想
バブル時代広告代理店就職、仕事明け暮れた独身女性が、その生活や毒母との生活に疑問持ち、45ですっぱり仕事辞め、都内でトイレシャワー共同格安3万ボロアパートで隠居生活始めるという小説。オチなく唐突に「え?コレで終わり⁈」と終了。シンプルライフ好きだけど心動かされなかった。小説は全然読まないから、時々読んでハズレだと残念。やっぱり誰かのオススメか話題本読むのが安全?と小さくまとまってる私σ^_^;
読了日:1月30日 著者:群ようこ
缶づめなのに缶づめとは思えないカンタン美味しいおうちごはん (COSMIC MOOK)感想
地震以後、災害食として缶詰買うのだが普段食べる習慣なかったので、見かけて借りてみた。さんまの煮つけとか、正直普段そのまま出すのは難しく持て余していたが、なかなか良かった♪便利。
読了日:1月30日 著者:
不格好経営―チームDeNAの挑戦不格好経営―チームDeNAの挑戦感想
今やプロ野球球団オーナーともなった大企業を、たった3人のベンチャー企業として立ち上げてから今日までを描いた社長の自叙伝。一度NHKプロフェッショナルで拝見した時同様のコミカルさに思わず笑いながらもダイナミックさに引き込まれた。一番圧倒されるのはやっぱり体力(*_*)。エリート集団のマッキンゼーの中でも最も売れっ子だったという著者が、睡眠時間は電車での往復1時間という激務、とても真似できない。この激務に耐えていける人だけが事をなすという事なのだろう。大学病院勤務医と重なった。子どもは運動部入れたい
読了日:1月30日 著者:南場智子
そして父になる【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)感想
…子を持つ親ならぜひ一読。涙が出た。+゚(pωq)゚+。自分ならどうしただろう。取り違えたまま育てたと思うけど、大人になったら子どもから文句出るかな。今日子どもと平凡な1日が過ごせることに本当に感謝した。子どもとの毎日を愉しもう。ただしラストはフィクション丸出し。もちょっとリアリティー希望(>_<)
読了日:1月30日 著者:是枝裕和,佐野晶
つるかめ助産院 (集英社文庫)感想
ドラマは見たこと無かったが、食堂かたつむりが良かったので図書館でみかけ読。愛に飢えていた主人公が命を育んでいく姿と、気候同様暖かい、南国の島助産院スタッフ姿に、読みながら、何だがたくさん涙が出た。妊婦はもちろん、温かい気持ちになりたい人、泣きたい人ににオススメ。私もこんな風に人を温かく出来る人間なりたい。小野寺くーーーーーん!もうお父さんだからね。しっかり生きなさい!応援‼
読了日:1月21日 著者:小川糸
部屋を活かせば人生が変わる部屋を活かせば人生が変わる感想
部屋=環境。環境整えれば人生がいい方に変わっていく。そのために家具やモノを厳選し、掃除や洗濯、食器洗いがしやすい環境整えるべしという本。38平米夫婦2人暮らしが本書モデルケースだが、一戸建て子ども3人+夫婦の我が家にも応用できる点多数♪掃除機新調したくなった(笑) ただし推奨家具はタイアップ?と思うまでに無印良品オシ。たぶん全国で普遍的に入手しやすく、価格の割に品質がいいということなのでしょう。
読了日:1月21日 著者:部屋を考える会
あした、山へ行こう! 日帰り「山女子」のすすめ感想
初心者向け日帰り山ガール指南本☆風光明媚な田舎出身、この本にも小学校遠足で登った山が数箇所笑。インドアなのと嫌々登ってた小学生記憶抜けないが、著者の山LOVEぶりみると、不覚にも山っていいかもとか思ってしまった♡
読了日:1月19日 著者:鈴木みき
置かれた場所で咲きなさい置かれた場所で咲きなさい感想
カトリック家庭で育ったが、小学校の時軍国教育受けた定年間際教師からキョーレツに虐められた私からすると「シスター本がベストセラー?」ってそれだけでびっくり。図書館ですごく順番待ちしてようやく読。良かったんだけど、以前ベストセラーなった"女性の品格"思わせる、意地悪な言い方するとおばあさんのお小言集。若い人ってこーいうこと言われて来なかったのかな。ありがたい言葉だけにちょっとうるさく感じるのが若さって気もするけど。あ、アラフォー私の心にはすっと入って来ました。もうなかなか叱っていただける事もないので(笑)
読了日:1月19日 著者:渡辺和子
そうだ、葉っぱを売ろう!  過疎の町、どん底からの再生感想
面白かった!仕事なく朝から酒呑んで悪口言ってた過疎の村に赴任した新人農業指導員が寿司屋で添え物なってた葉っぱに注目。軽くて扱いやすく高齢者でも出来るが当時全く市場なかった為、自腹で給料つぎ込み料亭通って勉強、時にいるかと頭から持って行った梅の木かけられたりしながらカラダ一つで47都道府県隈なく営業。当時画期的だった防災FAXやPCシステム導入。市場開拓し町一番の産業に育て上げたポテンシャル、ローマ法王に米を食わせたスーパー公務員さん彷彿。このパワーすごい!あと、内助の功奥さんはもっと偉いσ^_^;
読了日:1月19日 著者:横石知二
僕は46億歳。僕は46億歳。感想
大型絵本で、地球の成り立ちをおしえてくれる本!図書館でみかけ、小2 年長の子ども達3人に読んであげたい♪と勇んで借りてみた(●´ー`●)・・・が、全然子どもの心にヒットせずショボ――(´-ω-`)――ン うちの子らには、まだ早かった模様。め、めげないゾ(>_<)
読了日:1月19日 著者:豊田充穂
サンキュ! 2014年 02月号 [雑誌]感想
新米主婦だった20代の頃愛読していたが、2-3巡したらだいたいネタがわかって卒業。だけどクリスマスとかの特集は好きで、年末年始号は時々読みたくなる。正月、新年会で親戚の家に行った折、なんとなくコンビニで買ってしまった(´-∀-`;) 若い新米主婦の人たちの奮闘ぶりみると頑張ってるなあと応援したくなる。あと、インテリア特集も結構好き★赤ちゃんだったころ、この雑誌見て一念発起してカラボからままごとキッチン2回作った。電子ピアノ置くため年末処分したけど、ナチュラル系で好みが合うので愛読してたなあ。
読了日:1月18日 著者:
ダーリンは外国人 with BABY感想
一連のシリーズ、初めて図書館で見かけて読んでみた。馴れ初めとか今までのエピソードとかが全然わからないからあんまり感情移入できなかったけど、ちょうど最近同僚が、言葉が通じない付き合って2か月の米国人カレとの間にベビーができたばかり。なぜかそんな同僚の事思ったり(笑)。
読了日:1月18日 著者:小栗左多里&トニー・ラズロ
刑務所なう。シーズン2 前歯が抜けたぜぇ。ワイルドだろぉ?の巻感想
新刊で「刑務所わず。」が出たので、あわててその前編読(笑)。すごいと思うのは順応力。わずの宣伝みると、ネガティブなことは検閲あって書けなかったとの事だが、去年は腎結石患いながら適応していたのに、支給されたガリガリ君に小躍りし、あり得なかったきなこご飯は「楽しみ」まで(笑)。そして勤勉!持ち込める上限まで本を読み、。上映される映画100本見て、飛行機の訓練方法勉強し、便箋上限7枚に手書きで手記配信。適応力も含めて能力が高いんだな(*_*)。獄中記ですら、凡人から見ると眩しい。
読了日:1月18日 著者:堀江貴文
続・風の帰る場所―映画監督・宮崎駿はいかに始まり、いかに幕を引いたのか続・風の帰る場所―映画監督・宮崎駿はいかに始まり、いかに幕を引いたのか感想
宮崎駿監督インタビュー集。写真もあったのだが、監督と私の実父、娘から見てもすごく似ていていつも驚くσ^_^;そして本中には子供の頃見た懐かしアニメがたくさん出てくるが、コナンってすっかり名探偵コナンかと思ってしまった。未来少年の方ですね…σ^_^;σ^_^;子供の頃見てました。懐かしいです
読了日:1月15日 著者:宮崎駿
コーヒーもう一杯コーヒーもう一杯感想
お友達紹介。寿退社の夢が敗れたアラフォー女子が脱サラならぬ脱OLしてカフェOpenする奮闘小説。ひた向き奮闘する姿に元気貰えるのは勿論、勤め人経験しかない私には飲食店開業、運営の流れもすごく勉強なった。本中「失敗したからって、それが何?経験値が増えて、語りぐさもできて、人生が豊かになる。それのどこが悪いの」の言葉がすごく心に響いた。ホントにそうだな。この強さ持たなくちゃ。この言葉に出会うためにこの本と出会ったんだなとおもった。夜勤した徹夜明け、読み出したら止まらなくなってしまった。オススメです
読了日:1月14日 著者:平安寿子
ぷにぷにぷにぷに
読了日:1月12日 著者:細川貂々
笹本恒子の「わたくしの大好き」101笹本恒子の「わたくしの大好き」101
読了日:1月11日 著者:笹本恒子
督促OL 修行日記感想
フツーの女子大生、就職難でやっと就職できた信販会社で配属されたのが「コールセンター」=督促係。電話すれば逆ギレで怒鳴られ、出社すれば会社の周りにガソリン撒かれ、”爆破予告”受け、朝7時から終電ギリギリまで働き、最高12連勤…。((;゚д゚))ス、スゲェ 当方総合病院病棟看護師。みなさんから大変だねと言っていただくことも多い仕事だが、この本読んだら、自分がどれだけ恵まれているかと感謝した(´-∀-`;) 仕事に折れている同僚の中間管理職にも紹介?!^_^; 仕事で折れている人、ご一読です?!
読了日:1月11日 著者:榎本まみ
かぞくのじかん 2010年 06月号 [雑誌]感想
これも同じく、昔買って処分した本、もう一回買っちゃったパターン(笑)。だけどやっぱり、興味なかったというより、双子含む子供3人小さすぎて、育児と仕事で軽くサバイバル状態だった?あの頃、キャパが小さい私にはとてもここまで気が回らなかったのかもしれない。必死すぎて覚えてないけど(´-∀-`;) 家計簿もあの頃からやってたらよかったのになーと思うが、昔には戻れない。今日からの記帳を大切にやっていきます。
読了日:1月8日 著者:
かぞくのじかん 2010年 09月号 [雑誌]感想
去年スーパー主婦本にハマり、この雑誌バックナンバー狂ったように買い集めちうなのだが。ついにやっちまった(笑)、昔買って処分した本、もう一回買ってしまうミス(爆)。最初はあーーーッ(>_<)と思ったが、読んでみたら勉強なった。羽仁もと子家計簿やる気がなかった当時は全然頭に入ってこなかったことが、今はスーッと入ってくるので、負け惜しみみたいだが(笑)やっぱり買い直して良かった。
読了日:1月8日 著者:
プロが教える 「15分掃除」がわが家を変える! (特選実用ブックス 暮らし)感想
掃除ってダメ主婦(私)にはハードル高いが「ここだけ(>_<)!」「15分だけ(>_<)!」と細分化すれば少しハードルも下がる感じ。に、2014年こそッ(>_<)!!
読了日:1月5日 著者:
「朝家事」のすすめ!「朝家事」のすすめ!感想
ダメ主婦歴14年目にしてスーパー主婦本読んで以来、すっかりはまっている家事本(爆)。結局汚れをためないのは、ちょこちょこ掃除なんだろうな。そんなマメさ、今年こそ手に入れたい自分(´-∀-`;)
読了日:1月5日 著者:沖幸子
LIVE HACKS! [ライブハックス!]感想
大橋さんの時間管理の概念、今年はぜひ自分の生活に落とし込みたい・・・(*_*)が、まずログ取ることができない。タスクシュートも無料版ダウンロードしただけで取り組めず。ToodledoもNozbeもお呼びじゃなかった(*_*)。2014年はこんな自分、少しでもカイゼンしたいです大橋さーーーん!
読了日:1月5日 著者:大橋悦夫

読書メーター