エースと呼ばれる人は何をしているのかエースと呼ばれる人は何をしているのか
著者:夏まゆみ








読んでからちょっと時間が経っちゃったが(´-∀-`;) よかったのでシェア♪

夏ますみ

TouchMe 夏先生のBOOKS - Natsu Mayumi

http://www.natsufun-keyhearts.co.jp/touchme_books.html
正直、ダンスとか全然しないので(笑)存じ上げなかったが(´-∀-`;)

AKB,や、モーニング娘育てたダンス界の巨匠。
彼女たちをを原石から発掘し、
ブレイクさせた「鬼コーチ」著。面白かった!
前田敦子、大島優子、安部なつみ
読みやすいなと思うのは、
よく知られているアイドルたちの
エピソードがふんだんにおりませてあること☆

板野友美がAKB加入したばかりの頃鼻持ちならなかったエピソードwとか、
モーニング娘のOGがドリームモーニング娘したとき
安部なつみがゴマキにむかついた話など(´-∀-`;)(´-∀-`;) 
相当具体的エピソード織り交ぜて書いている事。

たぶんこの人レベルでないと書けなかったと思われる。
なんにせよ、生身の人間を成長させていく具体例多くて読みやすい。

センターは1人でも
エースはエブリバディ

一貫してるのは 
センターになれるのは1人でも、
エースにはすべての人がなれる
というメッセージ。

エースになる場所は、芸能界かもしれないし、
オフィスかもしれないし、育児という場所かもしれない。
しかし、場所は違えど、全ての人が自分の人生のエースになれるし、なるべきだというのがメッセージ。

ダンス「道」
サッカーのトップ選手たちの本を読んでいても痛感するのだが
図解版 上昇思考/KADOKAWA/角川書店
¥1,296
Amazon.co.jp
↑この本もめっちゃヨカッタ(*≧∀≦) また記事にしたい

彼らは確かにダンス、あるいはサッカーに打ち込み、それを極めているのだが、
それはあくまで手段で、
目的は人間性を成長させること

さながら武道のよう

著者からも、年端もいかない少女たちにダンスを教えることで、
人間性を高めてほしいのだということが強く伝わってきた。


エースになるため大切な事3つ
そんな著者が、自分の人生のエースになるために大切としているのは次の3つ
①自己を確立
何を目指していて、そのために今何をやればいいのかを明確にする
➞トップアイドルになるためには何が足りない?➞歌のレッスン➞じゃあなんで歌のレッスン増やさないの?➞お金がない➞じゃあ、その分バイト増やそう
トップアイドルになるために、当然目指すことがバイトって一見全然違うようだけど、繋がっていると強い

②自信を持つ
強みをたった1つでいいから持つ!例えば
安部なつみにあったのは「集中力」 大島優子になるのは「冷静さと平常心」。一つ核になるものがあれば、それが形を変えて、あらゆる場面で自分を助けてくれる

③前に向かって進む

前向きに考え行動できることは、ほかのどんな弱点も補ってあまりある

➞恥をかくことを恐れない
加入当時、スキップすらできなかったAKB高橋みなみ➞苦にせずひたすら練習励んだ


「底力くん」に会いに行け
とにかく、すべての人が自分の人生のエースになれると著者。
そのためには前述3つが大切だが、そのうえで
もっと自分を追い込んで、普段は眠っているが、ギリギリのところからだけ湧いてくる「底力くん」にもっと会いに行け!=もっともっと自分を追い込めと著者。 そのために自分はあえて若いアイドルたちに「鬼コーチ」という役割を買って出ているのだ という激励に元気もらえた。

10代のティーンは必読。めっちゃよかったです。おすすめ。