2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:1926ページ
ナイス数:121ナイス

味つけの法則―おいしさには理由(わけ)があります味つけの法則―おいしさには理由(わけ)があります感想
看護師という職業柄、エビデンス(根拠)に基づくのが大好き(笑)。婦人之友、友の会ってど主婦集団だけど、発想はすごくロジカルというか科学的なことに、いつも感嘆する。
読了日:3月30日 著者:本谷滋子
収納の「困った! 」を解決! !  (別冊エッセ)感想
マックで偶然見かけ読。内容というよりは、出てくるおうちが白木、カントリー調っぽいお宅が多くてそこがツボだった♪10年前にマイホーム建てる前、こんなインテリアにしたいと熟読したなー・・・と懐かしくなったり。内容はごく初歩的、さらっと雑誌的で特段新しい情報なし
読了日:3月30日 著者:
「さしすせそ」ですべて解決!家がみるみる片づく本「さしすせそ」ですべて解決!家がみるみる片づく本感想
マックにて発見!([+]Д・) また使うかも?と思うものは「使わないッ(≧ω≦ )」と思い込んで捨てるというTIPS、確かに…クスっとなったが、基本的には新しい情報なし(´-∀-`;)
読了日:3月30日 著者:土田登志子
エースと呼ばれる人は何をしているのかエースと呼ばれる人は何をしているのか感想
AKB,モーニング娘育てたダンス「鬼コーチ」著。面白かった!前田敦子、大島優子、安部なつみなどのエピソード織り交ぜながら具体例多くて読みやすい。一貫してるのは センターになれるのは1人でも、エースにはすべての人がなれるというメッセージ。それは芸能界かもしれないし、仕事場かもしれないし、育児かもしれないけど、①自己を確立し②自信を持ち③前に向かって進んだら すべての人が自分の人生のエースになれると著者。そのためには自分を追い込んで「底力くん」に会いに行け!という激励に元気もらえた。10代のティーンは必
読了日:3月29日 著者:夏まゆみ
CHANTO (ちゃんと) 2014年 10月号感想
近所の図書館がこの雑誌購読しているので、つい毎回読んでしまう(笑) ファッション特集とかいいけど、人生変えちゃうお買いものは、やや特集としてキビシイ感あり(´-∀-`;) さすがにこれじゃ、人生変わんねーだろと一人突っ込んでしまった。
読了日:3月27日 著者:
人は死なない-ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索-人は死なない-ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索-感想
ここに前世療法という本レビュー載せたらご紹介頂く。東大医学部教授の書いたキャッチータイトル本。救急医である著者は、もちろん日常的に人の生死に立ち会うのだが、カラダとは別に魂があり、それは生き続けてるのではという経験交えた思索本。看護師という職業柄、平素から外科医達のリアリストぶり=終末医療に従事しながらも死後の世界全否定 と普通に接しているので、正直「こんなこと考えてるお医者さんっているんだなー…」というのが最初の実感。医者としても成功しつつ、この世界観を持ち続けている人ってレアだと思う。一読価値あり
読了日:3月26日 著者:矢作直樹
斎藤一人 モテモテ道感想
一人さん節炸裂‼︎結婚15年、アラフォー三児母だが、モテモテ目指して行こうと元気出た笑
読了日:3月18日 著者:宮本真由美
一緒にいてラクな人、疲れる人一緒にいてラクな人、疲れる人感想
宝地図ナビ仲間執筆縁にて読。ご苦労があった中、人に優しくできているのがすごい。もっとも大切な三つのこと1.人にまごころで接すること 2.自分に優しくすること3.自分に優しくすること
読了日:3月15日 著者:古宮昇
神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-感想
予想外?に良書!これは繰り返して読んだ方がいい本。平凡で愚痴ばかりの会社員のところに神様が訪れ、人生についてコミカルに指南してくれる話。すごく読みやすいのに、宇宙の真理だろうなと思うことが書いてある。500P超の厚い本なのだが、一気に読んでしまった。『夢を叶えるゾウ』みたいな感じだけど、個人的にはこっちの方が好き(笑)一読価値あり、オススメです
読了日:3月13日 著者:さとうみつろう
クックパッド みんなのおにぎらず (主婦の友生活シリーズ)感想
なぜか母が持ってきてくれた(笑)。たぶん目下サッカーやってる小学生3人のおにぎり弁当作りに追われているからかな。庶民丸出しだけど、おにぎり1つにノリ1枚って・・・・(*_*)も、もったいなくないですか?って言ってる自分の小ささが恥ずかしいけど(笑) 安い青ーーーいノリ買ってきてやってみようかな。
読了日:3月11日 著者:
かぞくのじかん 2015年 03 月号 [雑誌]感想
羽仁もと子案家計簿つけていたりして、愛読中♪生活をこんな風にできるって憧れです+。:.゜ヽ(*´▽`)ノ゜.:
読了日:3月10日 著者:
西原理恵子月乃光司のおサケについてのまじめな話 アルコール依存症という病気感想
元依存症本人&元その配偶者な2人が書いたアルコール依存症についての本。本当につらいことって振り返って描写して書けないものだけど、西原恵理子の描写はほんとにそんな感じ。ご主人が具体的にどんな風に性格変わっちゃったのか、突っ込んで書いてなくてよくわからなかったことからそんなことが察せられた。その部分を自分自信が患者だった月乃氏が補完。彼女の本は一貫して、女性も働いて経済力持つべきとあるけど激しく共感。依存症家族にいつ誰がなるかわからない。娘にも花嫁修業なんてどうだっていいから経済的に自立することを教えます。
読了日:3月9日 著者:西原理恵子
CHANTO (チャント) 2015年 02月号 [雑誌]感想
正直この雑誌創刊時 頑張ってるワーママ追い詰めかねない雑誌名密かに憤慨したものだったが(笑)、今回の号では、頑張りすぎない”あきらめ力”について特集していて、ちょっとわかってきたのかなと完全上から目線,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、何様だよ自分。正直、WM歴も10年なり、自分なりのダンドリとかは確立してきた感あるので新しい情報はないんだけど、ファッション誌は完全に私とは関係ない別世界だけど、こーいう雑誌ならまだコメントはさむ猶予あるかなって感じ(´-∀-`;)
読了日:3月9日 著者:
前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)感想
レイキで出逢った人に勧められて読。面白かった!1980年代米国で精神科医が治療として催眠療法行ったら、生まれる前=前世に戻るという治療を図らずも発見し、効果を上げたというというたぶん実話。精神科勤務経験ある看護師にて、彼らがいかに非科学的な事を嫌うか理解しているので、著者gあ数年この体験を離せなかったというくだりに妙に共感。だろうな。私も以前一度だけヒプノセラピーやってみたことあり、4歳に戻ったことあったが、前世に戻るってすごいなー。これを現役医師が書いているというのが興味深い。一読価値あり!
読了日:3月2日 著者:ブライアン・L.ワイス

読書メーター