その1つづきです
IMG_20150825_073847229.jpg


各芯書き比べてみました

IMG_20150827_100148670.jpg

こんな感じ…正直よくわかりませんね(笑)0.5以外のものについて、以下初めて使ってみた私感
0.7:ほとんど0.5と違いない感じ フィルムふせんへの書き心地も正直大差ない感じ
0.9:good!フィルム付箋への書き心地UP!細かい字もまあ書ける。
1.3:マークシート塗りつぶすのに推奨されている太さ。確かに塗り易そう♬受験生には( ´∀`)bグッ! ただし、細かいマスには書きずらい。削る必要はなさそう
2.0:ちょうど筆記試験とレポートがあり、持参して書いてみる。
・書き心地はリアルに鉛筆!小学低学年でもいいかもっていう位。
・ただし、鉛筆削らないと丸まってしまって書きずらい。シャープペンの裏で削れるけど、当然細かいカスがでるのでゴミ箱ちかくにないと厳しい。
・当座帳の細かい径に書くのはキビシイ。
・ただし、フィルムふせんにはくっきりクリアに掛ける♥特上!”

つまり、鉛筆みたいな使い心地な2.0はいいけど、削りかすが出るのと細かい字を書くのに不便
私には0.9が書きやすく、削らなくてよくてgood という結論にたどりつく(笑)。

速記用
ググってみると、速記用に使われることも多いという0.9ミリ。なるほど、書きやすさも納得。

フリクション代わりにシャープペン
あな吉手帳、フリクションの代わりにシャープペンシル使用している私。手帳にははにもと家計簿当座帳と、日記にしているほぼ日風リフィルもあり、また、マンスリーに書き込む子供のサッカーなどの予定は変更することも結構あり、シャープペンはいつも大活躍。
0.9のシャープペン、買い込んできて愛用します(爆)。