前回記事http://himawarimamy.blog.jp/archives/5673234.htmlの記事つづきです。

学校現場でも50人/年!
昨日も書いた通り、毎年交通事故死の12倍、
6万人もの人が命落とす心臓事故死。
学校現場でも50人もの人がなくなっている 。



元日本代表 松田直樹選手

彼も心臓事故死で亡くなった1人。

看護師が必死に心臓マッサージしながら救急搬送したが蘇生できず。
AEDがあったら…。

小学生にもできる3つのこと
突然、級友が倒れたらどうしたらいいのか。駅で人が倒れたら。
小学生であってもやることは一緒。

1.「大丈夫ですか?」といかけ、呼吸を確認
安全を確認した上で近づき、体に触れ、「大丈夫ですか?」尋ねてみる。
→知らない人に触れ、話しかけるって勇気がいりますよね(>_<)。
  しかし単に酔っているだけかもしれませんが、命の分かれ目が迫っているかもしれません

2.119番コールとAEDの持参を依頼する
大声で周りに、「救急車を呼んで、AEDを持ってきてください!」と助けを依頼

3心臓マッサージと、AEDの実施 
呼吸が一見止まっていなくても、しゃっくりのような呼吸(死戦期呼吸)していたら心停止。すぐに心臓マッサージを100回 /分以上
・救急車が到着する
・患者さんが動き出す(意識を回復する)
・AED装着 
までは、とにかく周囲の人と交代しながら心マ!

5分以内のショックを目指す
のも同様。

アニメ動画形式
での講座あり、小学生でも十分理解可能!
以下3話

 




夏休み自由研究にも!

夏休み自由研究用のイラスト入り自由研究用紙 無料配布中!

PUSHプロジェクト::FAQ

http://osakalifesupport.jp/push/gazo.html#qa05 
夏休み自由研究、まだ取り組んでない人はどうでしょう?